「共産党カクサン部」を検索して下さい

安倍政権の暴走をストップ!国民の暮らし守る政治へ

 いよいよ参議院が始まりました。
どの党が国民の暮らしと安心・安全を守ることができるか、きびしく問われます。

 自民党は参院選挙にあたっての公約でも、新たに「法人税の大胆な引き下げ」や、原発再稼働に地元自治体の同意を取り付けるための「最大限の努力」を打ち出しました。しかも自民党は、「『ねじれ』を解消してこそ『政治の安定』が実現」と、3分の2以上の議席を占める衆院に続き参院でも与党の多数を獲得し、思いのままの政治を実行しようとしています。

これに対し、民主党は安倍政権への対決軸を持たず、日本維新の会やみんなの党も、規制緩和や改憲で安倍政権を応援しています。

 志位

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本共産党は「アベノミクス」や原発の再稼働、改憲策動など、どの問題でも安倍政権にきびしく対決してきました。

そして「対決者の党」であるとともに、どの問題でも抜本的な対案を示す「建設者の党」です。

国民の暮らしを脅かす「アベノミクス」では不況の打開はできませんが、国民の所得を増やし景気を回復する日本共産党の提案を実行すれば、暮らしも経済もよくなります。 

__

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参院選挙は国民の暮らしと日本の政治にとって重要な機会です。

日本共産党を伸ばせば、日本の政治は必ず変えることができます。みなさんどうかよろしくお願いします。

国民の声がまっすぐ届く政治の実現へ力を合わせましょう。

「コータロー100万人発信大作戦」にご協力を!!

今回の参院選からインターネットによる選挙活動が解禁されます。

日本共産党大阪府委員会は、「たつみコータロー メールマガジン」をスタートさせ、コータロー予定候補の活動や演説会の案内などをメールで発行しています。

電子メールによる「たつみコータロー メールマガジン」の送信相手は、あらかじめ登録した人のみに限られており、急いで多くの方に登録していただきたいと思っています。

まだ登録されていないみなさん、ぜひ登録していただくとともに、ご家族・お知り合い、支持者・後援会員・読者など1人でも多くの方に、「たつみコータロー メールマガジン」に登録し、お読みいただけるように広げてもらえたら嬉しいです。

【登録方法は簡単】
①パソコンやスマートフォン、または携帯電話を使い、インターネットで「たつみコータロー」のホームページを開く。

②右上にあるメルマガ登録をクリックし、自分のメールアドレスを入力して、確認ボタンを押し、送信する。

③すぐに確認のメールが届くので承認ボタンを押して完了。

*もちろん購読は無料です!!

6月30日(日)「コータロー100万人発信大作戦!」にご協力下さい★

今回の参議院選挙では、インターネット・電子メールによる選挙運動が解禁となります。公示日の7月4日から投票日前日の20日までの期間中は、ホームページやブログはもちろん、ツイッターやフェイスブックなどで、日本共産党とたつみコータローさんへの支持や投票を呼び掛けたり、候補者の演説などの動画を掲載することもできます。ぜひみなさん、”1日1回共産党・コータロー”など、積極的に発信・拡散してください。

そのリハーサルとして、6月30日(日)に「コータロー100万人発信大作戦!」を行います。この日は終日リアルタイムで、コータローさんの活動をホームページとツイッター・フェイスブックを使って発信します。これをみなさんのホームページとツイッター・フェイスブック上で紹介・拡散していただき、100万人規模の発信をめざします。

この活動をさらに発信させて、比例5議席と大阪選挙区たつみコータローさんの勝利を勝ち取りましょう!

★ホームページ 「たつみコータロー」 http://www.tatsumi-kotaro-jump.com/
★フェイスブック 「辰巳孝太郎」 https://www.facebook.com/kotaro.tatsumi.5
★ツイッター 「たつみコータロー」 @kotarotatsumi

東京都議選で8議席から17議席へ大躍進。都議会第3党に

東京都議会議員選挙は、改選前の8議席から議席を倍加し、17議席獲得することができました。久しぶりの躍進に感謝の気持ちでいっぱいです。

この勢いで、今度の参議院選挙でも、比例候補5人のみなさん、そしてたつみコータローさんを必ず国会へ送り出すため頑張る決意です。

どしゃ降りの中「橋下市長やめてんか」の声をひびかせて-住之江区民集会

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 6月15日(土)夕方4時半、どしゃ降りの中、住之江区加賀屋公園に約60名の区民が集まり「橋下市長やめてんか」集会・デモが行われました。
 主催者は大阪市をよくする会・住之江連絡会。6月1日の大正区、6月7日の西成区、6月8日の住吉区に続いて、第4弾。橋下市長の暴言の撤回、謝罪、市長辞職をもとめての集会です。

 集会では住之江区民の「怒り」の声が爆発しました。「慰安婦問題は国際問題。橋下市長はすぐに辞任は当然だ!」「赤バス廃止、地下鉄民営化許せない!」「振興町会の補助金を減らしてみんな怒ってる」「南港ポートタウンのごみ管路輸送廃止は一方的」「橋下市長の票より市民病院廃止反対の署名の数の方が多い」と次々に声があがり、暴言問題にとどまらない、これまでの市民いじめの橋下市政の実態が浮き彫りになりました。

 集会後は「橋下市長は今すぐ市長を(やめてんか~)」、「敬老パス・赤バス廃止(やめてんか~)」、「女性蔑視、人権無視の発言(やめてんか~)」、「オスプレイの訓練受け入れ(やめてんか~)」、「町会・地域活動費予算の削減(やめてんか~)」、「住吉市民病院の廃止(やめてんか~)」のコールでデモ行進を行いました。沿道からは「ガンバって!」とガッツポーズをとる女性、商店から手を振る方などの姿がありました。ご町内のみなさんご協力ありがとうございました。

 

Page 37 of 38« First...102030...3435363738