活動日記

大阪市教育委員会による侵略戦争美化の教科書採択について

大阪市教育委員会が中学校の社会科の教科書で侵略戦争を美化した育鵬社版を採択しました。 その事に関して、日本共産党大阪府委員会文教委員会責任者の小林裕和さんが談話を発表しましたので、掲載します。

 

談話

大阪市教育委員会による侵略戦争美化の教科書採択について

2015年8月5日  日本共産党大阪府委員会文教委員会責任者 小林裕和

一、大阪市教育委員会は8月5日の教育委員会会議で、2016年度から使用する中学校社会科教科書について検討し、多くの市民と学校関係者が強く反対するなか、侵略戦争を美化する歴史・公民教科書(育鵬社版)を採択しました。
 安倍政権が憲法違反の戦争法案を推進し、橋下・「維新政治」のもとでの採択です。
 この歴史教科書は、日本の侵略戦争を「自存自衛」「アジア解放」のためと描き、「日本は正しい戦争をした」と教えるものです。公民教科書は、侵略戦争を肯定する立場から、憲法9条の戦争放棄を「異例」と述べ、改憲を必要だと思わせるものです。
 こうした教科書を選ぶことは、憲法と子どもの権利条約の立場から許されません。
 私たちは、侵略戦争を美化し、改憲を必要だと思わせる教科書の採択に厳しく抗議し、採択の撤回を強く求めます。

一、学校で使用する教科書は、それぞれの地域での子どもの実情を考慮し、教科の専門性をもつ教員が調査・研究して選ぶことが大切です。
 教育委員会による教科書採択は、こうした学校での調査・研究結果にもとづく教員の意見を尊重し、保護者や住民の意見をきちんとふまえることが必要です。

一、日本共産党は引き続き、広範な市民・教育関係者のみなさんと力を合わせて、戦争法案阻止のたたかいと結んで、「戦争する国」づくりの教育に使う教科書を子どもたちの手に渡さないために、取り組みを進める決意です。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。