「堺のことは堺で決める」維新を打ち破り竹山氏勝利!

全国が注目していた堺市長選挙は「維新」による堺市つぶしの野望を打ち破り、竹山市長が勝利しました。ご支援いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

この勝利は、堺市民の良識の勝利であるともに、「維新」がすすめる「大阪都」構想の破綻をしめすものです。同時に日本維新の会への都議選、参院選につづく審判でもあります。

この選挙では、日本共産党は、竹山市長を自主的に支持し、幅広い市民共同を広げ、力を合わせてたたかいました。選挙結果は、今後の大阪と日本の政治にも大きな影響を与える歴史的な勝利です。

堺市長選開票結果
当198431 竹山修身 無現
 140569 西林克敏 維新

堺市長選

大激戦の堺市長選挙ー何としても勝利を

SKMBT_22313092017140 IMG_1492[1] IMG_1483[1] SKMBT_22313092017130

全国のみなさん!激戦の堺市長選挙!
竹山おさみ市長の勝利で「大阪都」構想と維新政治への審判を!
歴史的な大決戦へのご支援をお願いします。

全国注視のなかで行われている堺市長選挙(9月15日告示、29日投票)は、「住みよい堺市をつくる会」が支持する現職の竹山おさみ市長と、大阪維新の会堺市議団元幹事長の西林克敏氏の事実上の一騎打ち、大激戦の様相です。

今回の選挙の大義は、政令市・堺市をつぶし、その権限を奪い財源を吸い上げる「大阪都」構想にストップをかけ、堺市民のくらしと自治を守り抜くために、市民共同の力で維新の会に審判を下すことにあります。

竹山市長は、橋下「大阪維新の会」代表(大阪市長)の強い圧力に屈せず、キッパリと「大阪都」構想への参加を拒否しました。この勇気ある毅然とした姿勢は「堺はひとつ」「堺をつぶすな」という市民共同の運動を大きく励ますものでした。

また、「市民目線」「現場主義」でくらし応援の施策を実現させ、先日発表した「竹山おさみマニフェスト」でさらに前進をめざしています。

一方の維新の会は、橋下代表や松井幹事長が堺に乗り込み、国会議員には「3日以上は堺に」と号令を発し地方議員を総動員して、文字通り「存亡を懸けた」なりふり構わぬたたかいを展開しています。

しかし、街頭演説やタウンミーティングでは、「大阪都」構想のメリットを何も語れず、「堺市はつぶしません」などのペテンでいいわけにまわり、「自民・民主・共産の談合」「竹山市長は共産党公認」「共産党政権打倒」などと古臭い反共デマ宣伝を振りまく始末です。

私たちは、この選挙は堺市長を選ぶ選挙にとどまらない、大阪、近畿、全国の民主主義と地方自治を守る大義あるたたかいであり、「絶対に勝たなければならない」たたかいとして全力をあげています。

全国のみなさんに、堺市在住のお知り合いの方に支持を広げていただくことをはじめ、物心両面の大きなご支援を心からお願いいたします。

堺市長選挙へのご支援よろしくお願いします

IMG_1351

9月15日告示、29日投票で堺市長選挙が行われます。日本共産党や民主団体で構成する「住みよい堺市をつくる会」は現職の竹山修身市長の必勝をめざして、29日、決起集会を開きました。私たちはこれまで、大阪市や堺市をつぶす「大阪都」構想をはじめ、くらし破壊、教育つぶしなどに反対し、橋下・維新の会を追い詰めてきました。

維新は100人を超す大阪の維新地方議員や全国の国会議員・地方議員を集中させる生き残りをかけて必死の作戦を展開しています。集会では「堺市長選挙の勝利で維新の野望を打ち砕くために、恐れず、あなどらず、維新にとどめをさす構えでたたかい抜きましょう」と決意を固めあいました。みなさん、ご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

ご支援ありがとうございました

日本共産党躍進-大阪・東京・京都で勝利、比例5議席

「自民と対決、維新に痛打」―対抗勢力として府民が日本共産党を選択

参議院選挙でご支援いただいたみなさん、大奮闘していただいた支持者、後援会員、党員のみなさんに心からのお礼を申し上げます。私たちは目標の比例代表5議席を達成し、選挙区についても大阪・東京・京都で勝利し、議席を獲得しました。国政選挙での躍進は15年ぶりです。

大阪では、維新の会が先の総選挙から約40万票を減らす一方、日本共産党は約12万票伸ばし、府・市政転換への足掛かりをつくることができました。

新しい国会において、公約実現のために奮闘する決意です。今後ともご支援よろしくお願いいたします。

コータロー万歳コータロー万歳

 

 

 

 

大正区・北恩加島地域の街頭演説に200人超!

選挙戦もきょうが最終日。

たつみコータロー候補は終日、府内をかけまわっています。

選挙区はあと一歩のところまでコータロー候補は来ています。

大正区北恩加島地域の市営住宅前でおこなわれれた街頭演説には、暑いさなかにもかかわらず200人以上の方に来ていただきました。

コータロー候補の「どうか、ひろげてほしい」の訴えにも力が入ります。

そして、最後まで、国民の所得をふやす経済改革、ブラック企業の根絶、原発ゼロと政策を語りました。

団地のベランダから聞いている方も多数いらっしゃいました。

ところでみなさん、松井大阪府知事が、冗談なのか、本気なのか、「橋下ほど人権に思いをもった政治家はいない」と演説会でもちあげています。

__であるならば、思想調査、慰安婦は必要だった発言など数々の人権を侵害してきた事実をどう説明するのか、謝罪をしないのはなぜなのか。

自民に対決、そして維新に対してこの数年間、大阪で正面から対決してきたのが日本共産党です。

「ちょっとトクをしているようにみえる人」を巧みに描きだし、市民同士を対立させ、好き勝手な政治をすすめる――そんな政治の終わりのはじまりにしようではありませんか。

いよいよ明日は投票日です。

どうかみなさん、日本共産党のこの間の活動、政策と主張をいま一度、他党と見比べて頂き、大阪選挙区、そして比例代表全国5議席獲得へ、力を貸してください!

 

市営交通を守りましょう

 19日朝、大阪市交通局本局前で「市営交通を守ろう」と宣伝しました。

 多くの方がご存知のように、橋下市長は大きな黒字を上げている市営地下鉄・市営バスを民営化・廃止しようとしています。

 __ 「地下鉄事業の民営化という歴史的な英断を是非」――民営化は財界団体の1つである経済同友会の悲願であり、橋下氏はこの要請にこたえようとしているのです。

 地下鉄事業は大きな黒字を出しています。日本共産党は、これを生かして市バス路線の将来にわたって守ること、赤バスのような福祉バスの復活を求めています。

 この問題は継続審議となっており、参院選挙の結果は大きな影響をあたえるでしょう。

 私たちの「市民の足を守ろう」、「賃下げでなく賃上げで生活保障を」の訴えに、「ごくろうさまです」と声をかけてくれた職員の方もたくさんいらっしゃいました。

 日本共産党は市民の宝である市営地下鉄・市営バス事業を守り、さらなる利便性の向上へ、みなさんと力を尽くします。

 

Page 35 of 39« First...102030...3334353637...Last »