集団的自衛権行使許さない たたかいはこれからです!

政府は1日、歴代政権が憲法上、禁じてきた集団的自衛権行使を容認するための憲法解釈の変更を決めました。
 日本共産党の志位和夫委員長は同日、「憲法を破壊し、『海外で戦争する国』をめざす歴史的暴挙―集団的自衛権行使容認の『閣議決定』の撤回を求める」との声明を発表しました。
全文はコチラhttp://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/07/post-574.html

 今日は、原水爆禁止世界大会に向けて、広島まで平和を訴えて日本列島を歩く、「平和行進」が木津川南地区委員会の地域に入ってきました。梅雨の晴れ間に「集団的自衛権行使は許さないぞ!」「核兵器なくそう!」と元気よくアピールし歩くと、手を振ってくれたり、「がんばってください」と声援をおくってくれたり、反応がたくさんありました。

 IMG_4147 10402400_531834056943227_495789172297146050_n

10502256_746268355437094_8608467451247796249_n 10433897_746268425437087_4290717739506481678_n

左上)住吉区内を歩く井上ひろし市議とわたなべ結大阪3区国政対策委員長

右上)大正区内を歩くこはら孝志市議、小谷みすず前府議

左下)西成区内を歩く尾上やすお市議

 右下)住之江区内を歩くつじい大介市政対策委員長と松本やすひろ府政対策委員長

 

 閣議決定をされても、関連法をつくらないと自衛隊を動かせません。たたかいはこれからです。若者の血を流すことになる「殺し、殺される」国にしないため、国民的な共同を広げ、世界に誇る日本の宝―憲法9条を守りましょう!

集団的自衛権の行使を可能にする解釈改憲の閣議決定を許さない!

通常国会が20日事実上閉会しました。
安倍政権が狙ってきた集団的自衛権行使の閣議決定が国会会期中に実現できなかったのは、解釈の変更だけで憲法を踏みにじるというクーデター的な乱暴なやり方でも、アメリカの戦争のために日本が武力を行使し国民の血を戦場で流すことになる危険な内容でも、国民の批判が急速に広がり、政府や与党もそれを無視できなかったからではないでしょうか。

井上さん    集団的自衛権3
井上ひろし市会議員(住吉区)             つじい大介市政対策委員長(住之江区)

集団的自衛権とは、「自衛」と名がついていますが、自分を守る「自衛」とは無縁です。日本が攻撃されていなくても武力行使する権利です。つまり、日本が他国の戦争に加わる「攻撃参加権」であり、「海外で戦争する国」への大転換です。

松本さん    尾上・小谷
松本やすひろ府政対策委員長(住之江区)、尾上やすお市会議員(西成区)・小谷みすず前府議会議員(西成区・大正区)

 安倍内閣と自民・公明の与党は、国会閉会後も協議を続け、閣議決定を強行しようとしています。日本共産党は、この集団的自衛権の危険性を知らせ、国民の世論と力を合わせて憲法を壊す暴挙をストップするために、連日宣伝に取り組んでいます。

ご一緒に力を合わせましょう!

小原     集団的自衛権1
小谷みすず前府議会議員(西成区・大正区)・こはら孝志市会議員(大正区)、わたなべ結大阪3区国政対策委員長

 

松本やすひろ府議候補(住之江区)をよろしくお願いします

松本2 

日本共産党木津川南地区委員会は、来年のいっせい地方選挙の住之江区(定数1)の府議候補を発表しました。どうぞよろしくお願いします。

 

 松本やすひろ(56)=新

 

 (プロフィール)

 1958年愛知県名古屋市生まれ、滋賀県大津市栗津中学校、滋賀県立膳所高校、大阪市立大学Ⅱ部商学部で学ぶ、中学校ではバスケットボール部に所属、大学時代は昼働きながら自治会委員長を務める。1981年から、日本民主青年同盟住吉地区委員会に勤務、地区委員長。1988年から日本共産党住吉・住之江地区委員会に勤務、2009年党木津川南地区委員長。2012年南大阪医療生活協同組合・加賀屋診療所に勤務。住吉市民病院を充実させる住之江区市民の会事務局長を務める。

 

 

 

ご無沙汰しております

長い間、更新せずに申し訳ありません。

ホームページを開設して1周年、心機一転がんばりますので、今後とも何とぞよろしくお願いいたします。

「まともな仕事と人間らしい生活を!」ー青年生活実態アンケート2013集計結果

深刻な就職難やブラック企業の蔓延など、貧困の広がり、労働条件の悪化が若い世代の中でも大問題となっています。

こうした問題に「もう黙ってはいられない!」と全国から若者が集まり、昨年10月、全国青年大集会(ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/seinen_koyou_syukai/folder/963976.html)が東京の明治公園で開かれ、翌日には国会議員・関係省庁に実態の告発と改善を求める要請行動が行われました。この集会に向けて、民青同盟木津川南地区委員会のみなさんが実態をつかむアンケート活動に取り組まれました。私たち日本共産党木津川南地区委員会は、この取り組みに連帯し、街頭などでのアンケート活動に力を合わせてきました。昨年10月の集会後も継続して取り組み、昨年12月に行われた大阪労働局への要請行動の際にも、寄せられた声や調査結果を示し、違法企業の取り締まり強化や労働基準監督官の増員などの要望を行いました。

昨年末までに集計したアンケート結果と寄せられた声を紹介します。

生活実態アンケート2013秋バージョン集計

                       

雇用環境の悪化は個人の責任ではありません。正社員を減らして非正規・不安定雇用に切り替えるなど、大企業・財界が利益のために労働法制の規制緩和を要求し、政府がそれに応え、「働くルール」をこわしてきたことに原因があります。

安部政権は、正社員の派遣への置き換えの歯止めをなくす労働者派遣法の大改悪案を今国会に提出するなど、さらなる労働法制の規制緩和を狙っていますが、許されるものではありません。いま、2014年バージョンのアンケートに取り組んでいますが、多くのみなさんにご協力いただき、市会・府議会、国会などに届け、人間らしく働けるルールづくりの実現に引き続き奮闘していきます!

特定秘密保護法案 参議院での廃案へ全力!

11月28日秘密保護法案反対IMG_153911月26日夜、国民の目、耳、口をふさぐ憲法違反の秘密保護法案が衆議院本会議で強行可決されました。法案に賛成したのは、自民、公明、「みんな」の3党。与党と「修正」合意した維新は欠席。日本共産党はもちろん、反対しました。

この法案が衆議院で審議されてからわずか2週間。審議の過程で様々な危険性が浮き彫りになり、国民の中で急速に反対の世論が強まる中、その声を無視して数の力で採決強行するのは許せません。

28日(木)は、わたなべ結3区国政対策委員長を先頭に宣伝カーで街頭へ。住之江区、住吉区の合計5か所で「強行可決に強く抗議し、参議院で廃案へと追い込むために全力をあげます!」と訴えました。

採決強行は、反対世論の高まりを恐れたからです。日本共産党は国民世論と力をあわせ、自公政権の暴走をくい止め、参議院で廃案に追い込むまで全力で奮闘します!
ご一緒に声をあげていきましょう。

Page 34 of 39« First...1020...3233343536...Last »