活動日記

【総選挙でも「できる限りの協力」確認】

日本共産党の志位和夫委員長、民進党の蓮舫代表、生活の党の小沢一郎代表、社民党の又市征治幹事長の4野党代表者と参院会派「沖縄の風」の糸数慶子代表による野党党首会談が23日に行われました。これまでの4野党党首による合意を確認し、総選挙も「できる限りの協力」をしていくことを確認。

志位委員長は、野党4党が安倍政権と対決する政治的な内容として、

①安保法制(戦争法)の廃止、立憲主義の回復

②アベノミクスによる国民生活破壊、格差と貧困を是正する

③TPPや沖縄問題など、国民の声に耳を傾けない強権政治を許さない

④安倍政権のもとでの憲法改悪に反対する

の4点を確認していることを指摘。

 さらに総選挙でも「できる限り協力」をすることは野党4党の党首会談、書記局長・幹事長会談で繰り返し確認されていると強調し、「次の総選挙での選挙協力を進めるために真剣な協議を開始しましょう」と提起しました。

 具体的に10月に行なわれる衆院東京10区、福岡6区についても、野党共闘を実現すべく、協議を速やかに開始することも提起しています。

 これに対して民進党の蓮舫代表は「これまでの公党間の党首の合意は大変重い。岡田前代表の路線を踏襲していきます」と発言。4野党の書記局長・幹事長の間で、総選挙と衆院補選での選挙協力の具体化のための協議を開始することで合意しました。

 

会談の中で志位委員長は、「選挙協力を進めるためには、新しい課題も出てくる」と指摘し、

□共通の政策を豊かにする

□政権問題で前向きの合意をつくる

□本格的な相互協力を実現する

などの課題をあげつつ、「まずは協議に入り、協議の中で解決しましょう」と述べています。

2016092401_01_1

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。