活動日記

たつみコータロー参院議員招き「若者・子育て世代」のつどい開催

7月26日、日本共産党木津川南地区委員会と民青同盟木津川南地区委員会はたつみコータロー日本共産党参院議員を招いて、「若者・子育て世代のつどい」を開催し参加者が会場いっぱいになりました。

これまでに集めていた若い世代の実態アンケートの一次集計結果の報告があり、その後たつみ議員が話しました。

たつみつどい

たつみ議員は、昨年の参院選で日本共産党が躍進し、国会での質問回数が増えたことを挙げ、国会の様相が変わったことを紹介。集団的自衛権行使容認の閣議決定の問題では、憲法9条のおかげで日本の評価が高いのに、それをすべて台無しにするものだと指摘し、9条を生かし外交努力で平和を築くことが大切だと話しました。

 そして、会場からの「集団的自衛権行使容認で日本はどうなっていくのか?」や「消費税の使い道や消費税に頼らない道は?」といった質問にたつみ議員は丁寧に答えていました。

 集いに向け、若者実態アンケートを集めながら、宣伝やお誘いをし、当日は宣伝で知り合った青年を含む3人が民青同盟に加盟し、1人が共産党に入党しました。入党した男性はたつみ議員の話を聞いて、「参院選での躍進で政治が変わってきていること、国会で発揮されている共産党の役割がよく分かった」と話していました。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。