活動日記

新しい期待にこたえ、自民と正面から対決し、抜本的対案示し、維新を打ち破ろう!

 今日は参院選公示後の最初の日曜日です。各地で日本共産党への支持を訴えました。

 大正区役所前での街頭演説は約150人が集まり、山下よしき参院比例候補の話に耳を傾けてくれました。見慣れない男性がいたので声をかけると、山下さんの演説を聞きたくて、お隣の西区から来られたことがわかりました。以前から、山下氏が企業を追及する姿に注目し、先の総選挙では日本共産党に投票したそう。20歳で就職活動中、街頭演説のことはネットで知ったとのことでした。

演説後、感想をお聞きすると、「良かったです。名指しでバシバシ自民党を批判してましたね」と。「自民党が嫌なんですか?」と聞くとキッパリ「ハイ」と。維新については「民営化とかは良いと思うんですけど、やり方が嫌です」と対話がはずみました。

IMG_1109[1]

 各地の宣伝活動を通じて、共産党への新たな期待を感じた一日でした。思えば3年前の参院選は「自民か民主か」の「二大政党」の選択でした。しかし「二大政党」論はすっかりすたれ、「第3極」も結局は「自民党の応援団」という声が広がっています。そんな中、自民党・安倍政権と正面から対決してたたかう日本共産党の姿が、国民のみなさんの前にわかりやすくなってきたのだと思います。

 この新しい期待にこたえて、日本共産党がどうしても勝たなければならないという思いを強めています。そのためにも特に、わが地域においては、民主党に続いて、橋下・維新の会をどうしても打ち破り、政党間の力関係を変える必要があります。

 これまで橋下市長のもと、数々の市民サービスの切り捨て、大阪市職員への思想調査に象徴される独裁ぶりに対して、市民のみなさんと力を合わせて闘ってきました。それらの闘いが維新を追い詰め、先の都議選での、わが党の躍進につながっています。

 これまでのたたかいを確信にして、正々堂々と自民党と対決し、抜本的対案をしめし、維新に打ち勝つ選挙戦に。力いっぱい頑張ります。みなさんどうか力をお貸し下さい。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。