活動日記

頑張る勇気をいただきました

 昨夜の西成区での政談演説会、宣伝カーでの呼び込みを聞いて、60歳の男性が参加。男性は、原発問題に関心があり、共産党の演説会は初めてとのこと。市民いじめの橋下・大阪市政の実態に驚きと怒りがわいたそう。また、コータロー候補の「原発マネー」や自然エネルギーに転換できるという提案に、問題解決の筋道が見えてスッキリしたとのこと。「共産党はブレない市民目線。今日は、目からウロコの真実が聴けて良かった」との感想が寄せられました。

 また日立で原発に携わって働いていたという男性も、初参加。この男性は公示日の街頭演説で原発問題で足を止めて聞いてくださった方。演説を聞いて、自民党が巨大公共事業と引き換えに、ゼネコン業界に献金請求書を送りつけていた話に、「利権政治のしくみがわかった」「共産党は清潔でいい」とお褒めの言葉をいただきました。頑張る勇気をいだたきました。ご参加ありがとうございました。もっと多くの方に共産党の存在を知っていただきたいです。

西成政談

 

西成政談2

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。